アクティビティACTIVITIES

スローガン【感動を感謝にかえてウィサーブ】
4月 石巻市小渕浜の仮設住宅の駐車場内にライオンズクラブ子供ハウスを設置

牡鹿半島にある石巻市小渕浜の仮設住宅の駐車場内にライオンズクラブ子供ハウスを設置を協力
今、被災地では、子供を安心して遊ばせる場所が無いという話を伺いました。 子供達が屋外で遊ぼうにも、瓦礫等で危険がある場所では転んだだけで怪我をする。 かといって屋内はと言えば、仮設住宅には子供たちが一堂に集まって過ごせる場所が 確保できないということでした。
5年待てば、行政の方から集会所等を建ててもらえるかも知れません。しかし、日々 成長を続ける子供たちにとって5年はかなり影響が大きく大切な時間です。例えば15 歳の中学生なら、5年後には成人を迎えてしまいます。 一日でも早い対策が必要なのではないか、未来ある子供たちのために何かできること はないかと検討しました。
今の段階では、固定的な集会所の建設などは不可能なので、移動可能な「トレーラー ハウス」を使用することとしました。
将来的には固定的な集会所の隣等に移設し、行政もしくは町内会に寄贈という形を 取って後々まで有意義に使用してもらう予定です。


2月3日 愛の献血運動

小松ドームにて
石川県赤十字血液センター「愛の献血運動」を支援いたしました。 少年フットサル大会と同時開催のため、各サッカーチームにも献血のご協力をお願いをいたしました。

2月3日 第9回小松青雲ライオンズ旗 少年フットサル大会

小松ドームにて
青雲グローバルスクール「小松の子どもたちに世界を」のもと、青少年健全育成を目的としたアクティビティであり、学校の違う子どもたちがフットサルを通して交流する機会となり、試合を通じて親睦と友情を深め、子どもたちのスポーツ観と生きる力を育むことを一番の目的としております。

1月26日 青雲グローバルスクール ERC

こまつ芸術劇場うららにて
第十二回小松青雲ライオンズクラブ 青雲グローバルスクール イングリッシュ レシテーション コンテスト開催
小松市内の小学生5・6年生を対象とし、人前にて英語スピーチをすることにより、積極性と自信をつかせ、「小松の子どもたちに世界を」のもと、青少年健全育成を目的とするアクティビティとしては、継続事業12年目を迎えました。

12月14日 ふるさとキッズセミナー「みんなのふるさと新発見」

今回で3年目の継続事業です。
このセミナーを通じてふるさとの素晴らしさ、ふるさとを大切に思う気持ちが芽生え、小松の地域振興の貢献につながる事を目的としています。 今回のセミナー実施学校は、第一小学校を候補にあげました。今回は実施方法見直し、小学校の校長先生・教頭先生、小松商業高校内「NPO法人ふるさと小松検定」と一緒にアイデアを出し合いました。 また、お手伝いいただいた小松商業高校の生徒さんからは、「1学期から今回のために準備をしてきました。子供たちがこんなに喜んでくれて嬉しい。自分たちも郷土の勉強になりました。」と笑顔で話してくれました。
最後は、セミナー終了後に生徒玄関前で、下校時の「あいさつ運動」を行いました。

11月3日 「第14回小松市小学生駅伝大会」 ~みんなで力をあわせて~

継続事業として今年で14回目となり、毎年多くの小学生が参加をしていただいております。
末広緑地内芝生広場で行われ、曇り空の肌寒い中、選手・保護者・関係者を含めて約300名が集まりました。 今年の参加チームは男子27チーム・女子14チームで、9時10分に男子チーム、10時00分には女子チームがスタート。 各メンバーは遊歩道で配置に付き、安全確保と声援を送りました。 途中、少し小雨がぱらつきましたが、ゴールを目指し激走している選手には関係ないように思えました。

10月7日 安宅公園内黒松保全清掃活動

小松青雲ライオンズクラブが主体となり、小松市役所、安宅住吉神社、施設の子供たちの協力を得て安宅公園内の黒松の根元清掃を行いました。
メンバー及びご家族、施設の子供たちや職員の方等に呼びかけ、清掃活動にご協力いただくことができました。

9月16日 障害者研修旅行補助活動

滋賀県高島市マキノ町方面への旅程全般における移動補助(自動車の運転・車椅子の補助等) 研修風景の写真撮影、栗拾い体験の補助を行いました。 残暑が厳しいなか、参加者の1名が途中に疲れが出てしまい、少し横になって休んでいただきましたが、無事に事故もなく、研修旅行の補助活動が出来ました。
9月8日 青雲グローバルスクール ~小松の子どもたちに世界を~

トランポリンでロンドンオリンピックに出場した岸 彩乃選手を講師に迎え、 1部を講演会「私にとってのオリンピック」~諦めない事の大切さ~について約1時間の講演。 2部は、「岸 彩乃と仲間たち」と題して小松大谷高校の人見雅樹先生と岸選手で演技説明を交え、小松イルカクラブのメンバー10名と小松大谷高校トランポリン部6名そして、岸選手とで演技披露。 3部は、「トランポリン体験教室」岸選手がトランポリンの楽しさを参加した子どもたちに伝え、岸選手の教えを真剣に聞きトランポリンを飛んでいる姿を見て将来、この中からオリンピック選手が生れる事を願いました。
1部・2部・3部を通して多くの方が総合体育館に集まり、無事新規アクティビティを終えることができました。

9月8日 小松工業高校工業祭(愛の献血運動)

石川県赤十字血液センター「愛の献血運動」を支援いたしました。 高校生でも400ml献血を沢山していただけました。
9月3日 グッドマナー

早朝7:30~8:10まで、JR小松駅正面にて、通学中の学生達に挨拶や公共マナー向上を目的として呼びかけ運動をいたしました。 ほとんどの学生が明るく挨拶を返してくれ、メンバー全員嬉しい気持ちになりました。
8月22日 愛の献血運動(森田病院前)

石川県赤十字血液センター「愛の献血運動」を支援いたしました。