青雲グローバルスクールEnglish Summer Camp

English Recitation Contest 2022 結果発表

 English Recitation Contest 2022を、3月6日、小松市の県こまつ芸術劇場うららで実施し、
小松市の小学5、6年生の児童47人が、課題の英文を身ぶり、手ぶりを交えて発表しました。
公立小松大教員、市内の外国語指導助手(ALT)ら7人が発音、暗唱力、声の大きさなどを審査しました。
  

コンテスト結果

受賞者
最優秀賞粟津小学校 6年 中出 藝(あと)
優秀賞稚松小学校 6年 武藤 慧里香 荒屋小学校 5年 吉田 有生乃
日末小学校 5年 長野 晶心  東陵小学校 6年 向出 ひまり
苗代小学校 6年 佐々木 美緒 芦城小学校 6年 マルチニョ チアゴ
会長賞安宅小学校 6年 村田 倫大郎 国府小学校 6年 北野 恵吏可
稚松小学校 6年 小松 享佳

English Recitation Contest 2022 開催のお知らせ

 2002年にスタートしたこの事業も今年度で20回を数え、今回は令和4年2月13日(日)に
サイエンスヒルズこまつ(わくわくホール)にて開催いたす運びとなりました。
 2月13日は石川県新型コロナまん延防止対策にともない、3月6日(日)に延期とさせていただきました。
  ★会場は石川県こまつ芸術劇場「うらら」大ホールとなりました。
 小松青雲ライオンズクラブでは「小松の子供たちに世界を」という想いを持って現在まで本事業を続けてまいりました。新型コロナウィルス感染拡大防止に努めながら、今回もこれまで 以上に内容の充実を計り、実施いたします。


※参加者募集に関しては、締切りを過ぎましたので終了いたしました。
 ありがとうございました。


実施要項

開催日令和4年3月6日(日)
集合時間PM 12:30
リハーサルPM 12:45
コンテストPM 1:30~4:00
開催場所石川県こまつ芸術劇場うらら 大ホール
(参加人数により時間を変更する場合があります)

コンテスト形式

主催者側で用意してあります複数の課題の中から一つを選び、暗唱し発表します。
英語の発音、元気、表現力などを総合的に審査します。
※課題テキスト及び音声は 12/15 から確認できます。
 下記よりダウンロード願います。


募集要項

募集対象 小松市内の小学校5、6年生(個人発表)
参加費用 無料
締 切 り 令和4年1月17日(月)
申込方法 参加希望者は担任の先生または英語教育担当の先生に提出してください。
先生は各学校単位で取りまとめ、下記事務局までFAX願います。(1月17日厳守)
問合せ先 小松青雲ライオンズクラブ事務局
 TEL 0761-21-1845 FAX 0761-21-1846
そ の 他  参加者には詳細な内容を書いた資料を事前にお渡しします。
※当日は、昼食を済ませてお越し下さい。
※当日は小松テレビ、新聞社等報道機関がはいります。

主催:小松青雲ライオンズクラブ    後援:小松市・小松市教育委員会


課題ダウンロード 【令和3年12月15日よりダウンロード可能】

選択課題 課題タイトル テキスト 音声
A-F課題一括 和訳付き(テキストのみ)
AAtaka no Seki
BKutani Ceramic Lavoratory
CMalala`sspeech in United Nations
DMartin Luther King
EWhat is Demon Slayer about
FFrozen

青雲グローバルスクールの創設

 小松青雲ライオンズクラブは1997年1月に結成式を行った、最も若いライオンズクラブです。
青少年育成に、四献(献血・献眼・献腎・献髄)運動・障害者保護・国際協調・YCE事業にと活動の輪を広げており、その中でも青少年健全育成に特に力を入れております。近年子供たちを取り巻く環境や、学校を取り巻く環境の悪化が問題視されており、子供たちには明るい未来に向かってのびのびと生きていってほしいと願うのは、皆共通した思いです。
 結成して間もない2001年に、我々は、“小松の子供たちに世界を”の発案で小松の小学生に世界的発想の出来る機会を与え、世界を認識し、将来世界に向かって羽ばたいて行く基礎をつくってあげようという目的で青雲グローバルスクールを開設致しました。 夏休みには、「English Summer Camp」を大杉少年自然の家で、英語の勉強を中心にしたキャンプを行ない、冬季には、「English Recitation(暗唱) Contest」を開催しております。 英語について興味をもたせ、英会話のレベルアップを計ることを目標とし、小松の子供たちに世界的発想のできる機会を与え、広い視野で物事を感じることのできる心を育てる事をねらいとします。


ERCの歴史

 初めて青雲グローバルスクール~English Summer Camp~を行ったのは2001年8月のことでした。大杉少年の家で2泊3日のスケジュールに30人の子供たちが参加してくれました。
 また、同年の冬には青雲グローバルスクールの第二段~English Recitation Contest~を企画しました。当時は、まだ英語教育も全く小学校では考えられていなかった時期でもありました。初回は15組(当時はペアでの参加もありました)の募集で始まりましたが、年々、参加者が多くなりました。
 その後、English Recitation Contestのみのアクティビティとなりましたが、、各学校の先生方の協力、教育委員会のご協力のおかげで以来20数年継続されています。今では、小学生も英語教育を受ける時代になり、私たちの活動が社会に浸透した証と想像します。
 近年はライオンズクラブのYCE事業(Youth Camp Exchange)とも連携し、ERC参加者には将来実際に海外へ飛躍するためにYCE事業に参加できるよう私たちは活動しています。

●YCEとは
YCEプログラムは、国際青少年交換と国際キャンプの二つを主な事業とするプログラムです。
青少年交換の期間は通常4~6週間で、青少年を受け入れるホストファミリー(ライオンズまたは非ライオンズ)、青少年をスポンサーするクラブとホストするクラブの協力のもと行われます。
キャンプの期間は1~2週間で、ホストのライオンズクラブにより自主的に運営されます。

青雲グローバルスクール

青雲グローバルスクール~English Summer Camp~

青雲グローバルスクール~English Recitation Contest~